[CUSCO] クスコ 車高調 ストリートゼロ ソアラ MZ20 1986年01月~1991年05月 7M-GTEU 3.0T FR ※北海道・沖縄・離島は送料別途


 >  > [CUSCO] クスコ 車高調 ストリートゼロ ソアラ MZ20 1986年01月~1991年05月 7M-GTEU 3.0T FR ※北海道・沖縄・離島は送料別途

カードでポイント最大34倍 3/21(木)20:00~3/26(火)1:59迄 YOKOHAMA ADVAN FLEVA V701 アドバン フレバ サマータイヤ 225/50R17 WEDS WedsSport ウェッズ スポーツ SA-35R ホイールセット 4本 17インチ 17 X 7 +48 5穴 114.3 > カードでポイント最大34倍 3/21(木)20:00~3/26(火)1:59迄 ブリヂストン REGNO レグノ GR-X2 新商品 サマータイヤ 215/55R16 WEDS ウェッズ Leonis レオニス SK 新設4月以降入荷 4本 ホイール 16インチ 16 X 6.5 +40 5穴 114.3 > 

4月7日

■20年前に登場したハイノーズコンセプトの元祖

[CUSCO] フロントリップ【ティスファクトリー】ハイエース クスコ 車高調 ストリートゼロ ソアラ MZ20 エムアールエー 1986年01月~1991年05月 7M-GTEU 3.0T FR ※北海道・沖縄・離島は送料別途


 1990年、第3戦サンマリノGPに初登場したティレル019は 【プーチ(Puig)】 【4548664024841】 クラッシュパッド R-TYPE ブラック ZX-10R 08-10 【plp0397926】、現在まで20年以上も続くハイノーズコンセプトを最初にF1マシンに取り入れた意欲作であり、ジャン・アレジ&中嶋悟という日本でもお馴染みのコンビがドライブしたという点でも、今なお多くのファンの記憶に強く残っている一台と言えるだろう。
 ティレル・レーシング・オーガニゼーションは、80年代後半のターボエンジン全盛期におけるパワー競争の波に呑まれ、戦績的には低迷期に入っていた。しかしターボが89年に禁止されると パワー競争はやや沈静化し、次第にエアロダイナミクス研究がF1マシン開発の主軸となっていく。ティレルは88年、フェラーリのデザイナーであったハーベイ・ポスルズウェイトを招聘し、ジャン-クロード・ミジョーとのコンビで秀作018(89年から90年第2戦まで使用)を完成させる。このマシンをベースに、挑戦的なエアロダイナミクス処理を施したマシンが、019なのである。
 今でこそすべてのF1マシンが採用しているハイノーズと吊り下げ式フロントウイングだが、前述のとおりこのコンセプトの第1号が019である。高く持ち上がったノーズ下の空間から多くの空気流をマシン床下に取り込み、リヤのディフューザーから効率よく排出することで 、床面の流速をできるだけ高めてグラウンドエフェクトによるダウンフォースを増加させる カーマット フロアマット トヨタ カローラワゴン 7年5月~12年8月 2WD-シャギーグレー、というのがハイノーズコンセプトの基本だ。
 しかしノーズに水平に連結するフロントウイングでは翼面位置が高すぎて空力効率が落ちる。そこで、低いフロントウイングと高いノーズとを連結させるため、ハの字型のウイングステーを用いて双方のメリットを活かす方法を採用したのである。このノーズは当時「ドルフィン(イルカ)ノーズ」と呼ばれ 独特なウイングステーも含めたフロントウイングは「アンヘドラル(下反角)ウイング」「コルセア(アメリカの戦闘機)ウイング」などと表現された。
 もともとこのアイデア自体は ポスルスウェイトとミジョーがフェラーリに在籍していた80年代半ばには、すでに生まれていたという。しかし019での実現に至るまでには、クリアしなければならない課題がいくつかあった。まず複雑な曲線を持つノーズセクションを成形する製造上の課題、重心が高くなるという問題 Matris マトリス ステアリングダンパーキット RC8 1190 (09-)、ウイングステーの剛性などである。だが、カーボンファイバーの製造技術が向上するなど、いくつかの課題がクリアされたことで、ようやくこのアイデアが実現できたのである。彼らは、イギリスのサウザンプトン大学の風洞実験設備を使い、その空力的効果を実証した。


■ノーズ以外はコンベンショナル
 この特徴的なノーズ以外の部分は、おおむね前年型018の基本骨格を踏襲している。フロントサスペンションはプッシュロッドからの入力を一組のスプリング/ダンパーユニットで支持するモノショックを採用。主に空力的な要求から 、ロールに対して硬く、しかし路面の凹凸を吸収する縦バネ方向に柔らかい特性を持たせている。またスリムなモノコックに連結されるのは、前年に引き続き、パワフルとは言えないがコンパクトなフォード・コスワースDFR-V8だ。だがタイヤは前年までのグッドイヤーからピレリにスイッチしている。
 マシンのリヤに目を移すと、同時代にマクラーレンが採用した通称「バットマン・ディフューザー」のような派手なエアロデバイスはなく zoom/ズーム ダウンサス スーパーダウンフォースC ロードスター NCEC、平板を組み合わせたシンプルなディフューザーを採用している。また、

[CUSCO] クスコ 車高調 ストリートゼロ ソアラ MZ20 1986年01月~1991年05月 7M-GTEU 3.0T FR ※北海道・沖縄・離島は送料別途海外輸入

、当時トレンドとなっていた NOLAN(ノーラン) X-LITE 802RR UC FLAT L (95597)【smtb-s】、エンジン排気をディフューザー内に吹き出す手法を採らず、排気出口をリヤボディ後部に置いている。ディフューザーを抜けた空気と リヤウイングではね上げられた空気の境界層に排気を送ることで、マシン後部で発生する渦=ドラッグを減らす狙いがあったと思われる。
 トランスミッションはコンベンショナルな6速縦置き式。ギヤボックス上部にスプリング/ダンパーユニットが置かれ、、プッシュロッドにより路面からの入力を制御するスタンダードな方式だ。翌91年からティレルはホンダV10の搭載が決まっていたため、チームは019を走らせながら翌年用のホンダV10専用横置きギヤボックスの開発を行っていた。したがって019のリヤセクションには大きな開発の手が入らず、、

[CUSCO] クスコ 車高調 ストリートゼロ ソアラ MZ20 1986年01月~1991年05月 7M-GTEU 3.0T FR ※北海道・沖縄・離島は送料別途

、ほとんどが018からの流用であった。

{f1sokuho.mopita.com}
{yahoojp}
{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-76368