>  > BLITZ DAMPER ZZ-R BMW 3シリーズ セダン 328i F30用 (92483)【車高調】【自動車パーツ】ブリッツ ダンパー ダブルゼットアール
Apache NetBeans
【USA在庫あり】 55-3169 ナショナル サイクル NAT.CYCLE ハンドル ディフレクター クリア 553169 JP
Just released!

BLITZ DAMPER ZZ-R BMW 3シリーズ セダン 328i F30用 (92483)【車高調】【自動車パーツ】ブリッツ ダンパー ダブルゼットアール

Read more

GUIフォームの国際化

This tutorial needs a review. You can open a JIRA issue, or edit it in GitHub following these contribution guidelines.

次のチュートリアルで Project μ プロジェクト ミュー ブレーキパッド RACING N+ リア AUDI A6(Sedan)/A6 AVANT(Wagon) 4BAZAF 2.7T Quattro、NetBeans IDEでの国際化の基本的な手順の一部を紹介します。フォームの1つに国際化を設定し、後でそのフォームをデザインします。その後、いくつかの異なるパッケージに様々なフォームを含んでいるプロジェクト全体を国際化します。アプリケーションは、自動国際化を指定するか、特別なウィザードを使用して国際化できます。

予想される所要時間: 30分

Figure 1. このページの内容は、NetBeans IDE 7.0以降に適用されます

このチュートリアルを完了するには、次のソフトウェアとリソースが必要です。

ソフトウェアまたはリソース 必須バージョン

NetBeans IDE

バージョン7.0以降

Java Development Kit (JDK)

バージョン6、7または8

(92483)【車高調】【自動車パーツ】ブリッツ BLITZ F30用 ダブルゼットアール ZZ-R DAMPER 3シリーズ ダンパー 328i セダン BMW セダン (92483)【車高調】【自動車パーツ】ブリッツ

国際化によって、技術的な変更や再コンパイルを行わずに、様々な言語や地域にアプリケーションを対応させることができます。プログラムを国際化することによって、プログラム内でハードコーディングすることなく、ステータス・メッセージやGUIコンポーネント・ラベルなどのテキスト要素をソース・コードの外部に保存し、動的に読み出すことができます。

一般的に、国際化した文字列は、キーと値のペアの形式でプロパティ・ファイルに保存します。キーはプログラムがテキストを読み出すために使用する識別子で、値は実際のテキストです。プログラムを変換する各ロケール(または言語)に対して、プロパティ・ファイルを1つ作成します。キーは各ロケールで同じで、文字列のみが異なります。

IDEには、次の各操作を行うためのツールが用意されています。

  • GUIフォームまたはJavaプログラムの作成時に国際化文字列を挿入する

  • 個別ファイルまたはファイルのグループで、ハードコードされたすべての文字列を国際化された文字列で置換する

デザイン時のGUIフォームの国際化

この課題では、GUIビルダーを使用して作成された、よく知られている検索ダイアログを含む、デモのJavaアプリケーション・プロジェクトを開きます。次に、フォームFindDialog.javaの自動国際化をオンに切り替えます。国際化されたGUIフォームをテストするために、プロパティ・ファイルに新しいロケールを追加し、デフォルト以外のロケールでフォームを実行します。

BLITZ DAMPER ZZ-R BMW 3シリーズ セダン スティラップ 328i F30用 (92483)【車高調】【自動車パーツ】ブリッツ 中形ボールベアリング ダンパー ダブルゼットアール

  1. コンピュータ上の任意の場所に、InternationalizeDemo.zipプロジェクトをダウンロードして解凍します。

  2. 「ファイル」>「プロジェクトを開く」を選択し、前のステップで抽出した InternationalizeDemo プロジェクトに移動して「開く」をクリックします。プロジェクト・フォルダは、 InternationalizeDemo という名前の含まれるフォルダ内にある場合もあります。

  3. 「ソース・パッケージ」>「demo」を展開し、 FindDialog.java をダブルクリックします。サンプル・フォームがGUIビルダーで開きます。

自動国際化をオンに切替え

  1. 「ナビゲータ」ウィンドウでルート・ノード( Form FindDialog )を選択します。

  1. 「プロパティ」ウィンドウで、「自動国際化」プロパティのチェックボックスを選択します。

  1. 「GUIフォーム形式のアップグレード」ダイアログ・ボックスで「アップグレード」をクリックします。

チェックボックスが選択されると、「 プロパティ・バンドル・ファイル 」プロパティで設定されているとおりに、IDEが demo パッケージ内に Bundle.properties ファイルを作成します。

``Bundle.properties`` ファイルを別の場所に置く必要がある場合は、「プロパティ・バンドル・ファイル」の右側の省略符号ボタン(...)をクリックして場所を選択するか、

BLITZ DAMPER ZZ-R BMW 3シリーズ セダン 328i F30用 (92483)【車高調】【自動車パーツ】ブリッツ ダンパー ダブルゼットアール
カヤバ KYB ローファースポーツ 1台分 エルグランド ME51 VQ25DE FR 04/12~ ショックアブソーバー!カローラ ルミオン ZRE15#/NZE15# MC後期 フロントハーフスポイラー ゼウス グレースライン.カーメイト INNO イノー メルセデスベンツ Cクラス W205 C204 エアロベースキャリア(スルータイプ)取付4点セット XS450 + TR138 + XB130 + XB123,【アドミレイション】Belta CX-5 前期・後期 アイライン 素地

BLITZ DAMPER ZZ-R BMW 3シリーズ セダン 328i F30用 (92483)【車高調】【自動車パーツ】ブリッツ ダンパー ダブルゼットアール

、プロパティのテキスト・フィールドにパスを直接入力できます。
  1. 「プロジェクト」ウィンドウで、「プロジェクト」ウィンドウの「 Bundle.properties 」ノードをダブルクリックするか、またはノードを右クリックして「編集」を選択します。

プロパティ・ファイルがソース・エディタに表示されます。フォーム FindDialog.java に適切なキーと値がすべて生成されていることがわかります。各キーの名前は、フォームのファイル名とコンポーネントの変数名から派生されます。たとえば、キー FindDialog.jLabel1.text は、フォーム・ファイル FindDialog に配置された jLabel1 という変数名を持つコンポーネント用に生成されます。値 jLabel1 は、この例ではコンポーネントの「text」プロパティを表しています。

  1. Bundle.properties ファイルを閉じます。

個別のGUIコンポーネントの国際化

GUIビルダーを使用して、フォームのJLabelsおよびJButtonsの国際化文字列を入力します。

  1. デザイン領域で、適切なGUIコンポーネント(例: jLabel1 )を選択します。

  2. 「プロパティ」ウィンドウで、「text」プロパティの省略符号ボタン(…​)をクリックします。

注意: Mnemonic、Accessible Name、Accessible Descriptor、ToolTipなどの、文字列値を持つその他のプロパティも国際化できます。

  1. プロパティ・エディタがリソース・バンドル・モードに切り替わります。「バンドル名」フィールドが demo.Bundle に設定され、「キー」フィールドに文字列 FindDialog.jLabel1.text が含まれていることを確認します。

  2. 「値」フィールドに「 Find What: 」と入力します。

  3. 「OK」をクリックします。

すべてのコンポーネントで前述の手順を繰り返すと、フォームは次の図のようになります。

注意: ステップ1から5はより単純で、すばやい方法で実行できます。単にデザイン・ビューで「 jLabel1 」をダブルクリックし、テキストを「 jLabel1 」から「 Find What: 」に変更して、[Enter]を押します。結果は前述の手順と同じです。

コンポーネントを同じ幅にするには、次の手順を実行します。

  1. フォーム内の8つのjCheckBoxをすべて[Ctrl]を押しながらクリックして選択します。

  2. jCheckBoxが選択された状態で、いずれか1つを右クリックし、ポップアップ・メニューから「同じサイズ」>「同じ幅」を選択します。

  3. 3つのjButtonに対してステップ1から2を適用します。

新規ロケールの追加

  1. 「ナビゲータ」ウィンドウでルート・ノード( Form FindDialog ノード)を選択します。

  2. 「プロパティ」ウィンドウで、「デザイン・ロケール」プロパティの省略符号ボタン(…​)をクリックします。

  3. 「新規ロケール」ダイアログ・ボックスで、 「事前定義ロケール:」 コンボ・ボックスから 「es_ES」 を選択します。

  4. 「OK」をクリックします。

次に示すように、「 Bundle.properties 」ノードの下に新しいロケールが表示されます。

  1. 「プロジェクト」ウィンドウで、 Bundle.properties を右クリックして「開く」を選択します。

  2. 次に示すように、表の対応する列の個々のメッセージを、新しい言語(スペイン語など)に変換します。

  1. [Ctrl]-[S]を押して編集を保存します。

  2. FindDialog.java 」タブを選択して ★爆音皇帝マフラー★Pure Sound Emperor2バモス TB 前期 HM1 TB(砲弾 シングル/114-90φ/ハネアゲ)[代引き決済不可]※送料無料対象外(ショップ、業者への発送は送料半額!)、国際化しているフォームを表示します。

  3. 「ナビゲータ」ウィンドウのルート・ノードを右クリックし、「フォームの再ロード」を選択します(または[Ctrl]+[R]を押します)。

  4. 表示される「質問」ダイアログ・ボックスで「保存」をクリックします。 フォームが再度開き、次に示すように、スペイン語ロケールがデザインにロードされます。

デフォルト以外のロケールのテスト

  1. 「プロジェクト」ウィンドウで、「InternationalizeDemo」プロジェクトを右クリックし、「プロパティ」を選択します。

  2. 「カテゴリ」ペインで、「実行」ノードを選択します。

  3. 「VMオプション」フィールドに「 -Duser.language=es -Duser.country=ES 」と入力します。

  1. 「OK」をクリックします。

  2. 「InternationalizeDemo」プロジェクトを右クリックし、「実行」を選択します。

次に示すように、IDEによって「 FindDialog 」ダイアログ・ボックスがスペイン語ロケールで実行されます。

プロジェクト全体の国際化

通常、デフォルト・ロケールには複数のファイルがあり、他の言語に変換するためにそれらを適用するように求められます。国際化ウィザードは、このタスクに対する完璧なツールで、一度に複数のファイルを国際化できます。この機能について、GUIフォームのサンプル・プロジェクト(Swing GUIのデザインのチュートリアルで作成したフォームが含まれる)で説明します。

サンプル・プロジェクトの作成

  1. 「ファイル」>「新規プロジェクト」を選択するか、IDEツールバーで「新規プロジェクト」アイコンをクリックします。

  2. 「カテゴリ」ペインで、「サンプル」>「Java」ノードを選択します。「プロジェクト」ペインで、「GUIフォームの例」を選択します。「次」をクリックします。

  3. 「プロジェクト名」フィールドに「 GUIFormExamples 」と入力し、プロジェクトの場所を指定します(例: /space/projects )。

  4. 「終了」をクリックします。

プロパティ・ファイルの準備

  1. 「ファイル」>「新規ファイル」を選択するか、IDEのツールバーで「新規ファイル」アイコンを選択します。

  2. 「カテゴリ」ペインで「その他」ノードを選択し、「ファイル・タイプ」ペインで「プロパティ・ファイル」を選択します。「次」をクリックします。

  3. 「ファイル名」フィールドに「 ContactEditor 」と入力します。

  4. 「参照」をクリックし、「フォルダを参照」ダイアログ・ボックスでファイルの場所として GUIFormExamples/src/examples フォルダを指定します。

  5. 「フォルダを選択」をクリックします。

  6. 「終了」をクリックします。

IDEによって ContactEditor.properties ファイルが作成され、ソース・エディタに表示されます。

前述の手順を繰り返し、別の Antenna.properties ファイルを作成します。

国際化ウィザードの呼出し

  1. メイン・メニューで、「ツール」>「国際化」>「国際化ウィザード」を選択します。

  2. ウィザードの最初のページで 【イベント開催中!】 PMC ピーエムシー ATHENA ガスケットセット GSX400、「ソースを追加」をクリックします。

  3. 「ソースを選択」ダイアログ・ボックスで、「 ソース・パッケージ 」>「 examples 」ノードを展開し A-TECH/FINALSPEED GR-Volt アルミホイール 4本セット ラパン HE系 【14×4.5J 4-100 INSET45 ハイメタブロンズ】、[Ctrl]を押しながら Antenna.javaContactEditor.java 、および Find.java ファイルをクリックして選択します。

  4. 「OK」をクリックします。

次に示すように、ソース・ファイルがウィザードの最初のページに表示されます。

  1. デモの目的で、「 examples.Find 」を選択し、「ソースを除去」ボタンをクリックします。

  2. 「次」をクリックします。

  3. 国際化ウィザードが正しいプロパティ・ファイル examples.Antennaexamples.ContactEditor を提示するかどうかを確認します。提示しない場合、「リソースを選択」ボタンを使用して正しいプロパティ・ファイルを選択します。

  1. 「次」をクリックします。

  2. フィールドを作成する予定はないため、ウィザードの3ページ目をスキップし、追加の値を変更して「次」をクリックします。

  3. ハードコードされた文字列は、国際化ウィザードの最後のステップですべて表示されます。それらのうちどれがプロパティ・ファイルからのものかを判断できます(チェックボックスを使用)。文字列の省略符号ボタン(…​)をクリックして、個々のキー、値 アクレ ブレーキパッド フロント ライトスポーツ 605 カペラワゴン・カーゴ GVER(FX FX-CR) GVFR(4WD)、コメント、および置換した文字列の書式をさらにカスタマイズできます。

  1. 「終了」をクリックします。

これでソース・コードの国際化は終了し、前述したように、他のロケールも追加したりテストしたりできます。

単一フォームの国際化

GUIフォームを国際化するには、自動国際化機能を使用するのが最も簡単な方法です。ただし、更新パックをインストールしていない場合、またはフォーム・エディタによって生成されていないコードも国際化する場合は、国際化ウィンドウを使用することをお薦めします。(この機能は、フォーム・エディタを使用して作成されたファイルのみでなく、任意の .java ファイルでも機能します)。次の例では、NetBeans IDEのデフォルト・インストールに含まれている国際化ウィンドウを使用します。

この最後の課題では、GUIフォームのサンプル・プロジェクトを再利用して、前の課題で除外したFind.javaフォームを国際化します。「国際化」ダイアログ・ボックスを呼び出して、このファイル内のハードコードされた文字列をすべて置換します。最後に、プログラムの記述時にソース・コードに国際化文字列を挿入する方法の簡単なデモを示します。

「国際化」ダイアログ・ボックスの使用

  1. 「プロジェクト」ウィンドウで、「 Find.java 」を選択し、メイン・メニューから「ツール」>「国際化」>「国際化」を選択します。

IDEは、「国際化」ダイアログ・ボックスと、事前入力済の Find.java ソース・コードから最初にハードコードされた文字列を表示します。

  1. 「選択」をクリックして特定のプロパティ・ファイルを選択するか、または新しいプロパティ・ファイルを作成します。

  2. 「リソース・バンドルを選択」ダイアログ・ボックスで、「ファイル名」テキスト・フィールドに「 Find.properties 」と入力し、「新規作成」をクリックしてから「OK」をクリックします。

  3. 必要に応じて、置換された文字列、キー、値、またはコメントの書式を変更できます。デフォルトの値はそのままにします。

  4. 「置換」をクリックして変更を確認し 、フォーカスを次のハードコードされた文字列に移動します。

ハードコードされた文字列を置換する必要がない場合は、「スキップ」ボタンをクリックします。

単一国際化文字列の挿入

  1. 「プロジェクト」ウィンドウで、 Find.java を右クリックして「編集」を選択します。

IDEは、ソース・エディタで Find.java ファイルを開きます。

  1. ソース・コードをスクロールし、mainメソッドを探します。

  2. mainメソッドに、次の太字の行を挿入します。

 public static void main(String args[]) {
 /* Set the Nimbus look and feel */
 //<editor-fold defaultstate="collapsed" desc=" Look and feel setting code (optional) ">
 /* If Nimbus (introduced in Java SE 6) is not available, stay with the default look and feel.
 * For details see http://download.oracle.com/javase/tutorial/uiswing/lookandfeel/plaf.html
 */
 try {
 javax.swing.UIManager.LookAndFeelInfo[] installedLookAndFeels=javax.swing.UIManager.getInstalledLookAndFeels();
for (int idx=0; idx<installedLookAndFeels.length; idx++)
if ("Nimbus".equals(installedLookAndFeels[idx].getName())) {
 javax.swing.UIManager.setLookAndFeel(installedLookAndFeels[idx].getClassName());
break;
}
 } catch (ClassNotFoundException ex) {
 java.util.logging.Logger.getLogger(Find.class.getName()).log(java.util.logging.Level.SEVERE, null, ex);
 } catch (InstantiationException ex) {
 java.util.logging.Logger.getLogger(Find.class.getName()).log(java.util.logging.Level.SEVERE, null, ex);
 } catch (IllegalAccessException ex) {
 java.util.logging.Logger.getLogger(Find.class.getName()).log(java.util.logging.Level.SEVERE, null, ex);
 } catch (javax.swing.UnsupportedLookAndFeelException ex) {
 java.util.logging.Logger.getLogger(Find.class.getName()).log(java.util.logging.Level.SEVERE, null, ex);
 }
 //</editor-fold>
 *System.out.println();*
/* Create and display the form */
 java.awt.EventQueue.invokeLater(new Runnable() {
 public void run() {
 new Find().setVisible(true);
 }
 });
 }
  1. System.out.println(); の括弧内にカーソルを移動して、国際化文字列をパラメータとして挿入できるようにします。

  2. [Ctrl]-[Shift]-[J]を押して「国際化文字列を挿入」ダイアログ・ボックスを起動します(または、メイン・メニューから「ツール」>「国際化」>「国際化文字列を挿入」を選択できます)。

  3. 「バンドル名」で、「選択」ボタンをクリックし、 「ソース・パッケージ」>「examples」 フォルダを選択して、「ファイル名」テキスト・フィールドにバンドル名として「 Find 」と入力します。「OK」をクリックします。 「国際化文字列を挿入」ダイアログ・ボックスの「バンドル名」フィールドに、「 examples.Find 」と表示されます。

  4. 「キー」ドロップダウン・ボックスに「 Start 」と入力し、「値」フィールドに「 Start Find Dialog 」と入力します。「OK」をクリックします。

  1. 次のように、IDEが国際化文字列を挿入します。

 public static void main(String args[]) {
 /* Set the Nimbus look and feel */
 //<editor-fold defaultstate="collapsed" desc=" Look and feel setting code (optional) ">
 /* If Nimbus (introduced in Java SE 6) is not available, stay with the default look and feel.
 * For details see http://download.oracle.com/javase/tutorial/uiswing/lookandfeel/plaf.html
 */
 try {
 javax.swing.UIManager.LookAndFeelInfo[] installedLookAndFeels=javax.swing.UIManager.getInstalledLookAndFeels();
for (int idx=0; idx<installedLookAndFeels.length; idx++)
if ("Nimbus".equals(installedLookAndFeels[idx].getName())) {
 javax.swing.UIManager.setLookAndFeel(installedLookAndFeels[idx].getClassName());
break;
}
 } catch (ClassNotFoundException ex) {
 java.util.logging.Logger.getLogger(Find.class.getName()).log(java.util.logging.Level.SEVERE, null, ex);
 } catch (InstantiationException ex) {
 java.util.logging.Logger.getLogger(Find.class.getName()).log(java.util.logging.Level.SEVERE, null, ex);
 } catch (IllegalAccessException ex) {
 java.util.logging.Logger.getLogger(Find.class.getName()).log(java.util.logging.Level.SEVERE, null, ex);
 } catch (javax.swing.UnsupportedLookAndFeelException ex) {
 java.util.logging.Logger.getLogger(Find.class.getName()).log(java.util.logging.Level.SEVERE, null, ex);
 }
 //</editor-fold>
* System.out.println(java.util.ResourceBundle.getBundle("examples/Find").getString("Start"));*
 /* Create and display the form */
 java.awt.EventQueue.invokeLater(new Runnable() {
 public void run() {
 new Find().setVisible(true);
 }
 });
 }

このチュートリアルに関するご意見をお寄せください

関連項目

詳細は、

BLITZ DAMPER ZZ-R BMW 3シリーズ セダン 328i F30用 (92483)【車高調】【自動車パーツ】ブリッツ ダンパー ダブルゼットアール

、次のリンクを参照してください。

Copyright ©BLITZ DAMPER ZZ-R BMW 3シリーズ セダン 328i F30用 (92483)【車高調】【自動車パーツ】ブリッツ ダンパー ダブルゼットアール All Rights Reserved. 2017-2019 The Apache Software Foundation.

Licensed under the Apache license, version 2.0

Apache, Apache NetBeans, NetBeans, the Apache feather logo and the Apache NetBeans logo are trademarks of The Apache Software Foundation.

Oracle and Java are registered trademarks of Oracle and/or its affiliates.

{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-40663