>  > BERINGER AERONALディスク ステン R チタン SUZUKI 291φ 《ベルリンガー S16L-DIT》

BERINGER AERONALディスク ステン R チタン SUZUKI 291φ 《ベルリンガー S16L-DIT》

読み書き教室 宝塚リテラ

なぜ読み書きなのか

みなさまは、お子さまにどんな人間に育ってほしいと願っておられますか。

思いやりある人間、感性豊かな人間、だれかの役に立てる人間、自分を持った人間、自分で考え行動できる人間――そういう人間になってほしい、おおむねそのような願いをお持ちだと思います。
そして、そのために日々どのような言葉をかけてやるべきか、どのような経験させるべきかと考え悩みながら、心をこめてお子さまを育てておられることでしょう。

ところで、人がそのように育つために必要なものは何でしょうか。

わたしの答えは二つ、一つは「自尊感情」、もう一つは「思考力」です。

誰かを思いやったり誰かの支えになったりするためには、相手のことをかけがえのない存在だと感じている必要があるのですが、そのためにはまず、かけがえがないというのがどのようなことであるのか、自分自身を通じて知っていることが必要です。また、世界に存在する様々なものに意味や価値を感じるためには、その基盤として自分の生きる世界を肯定したいという感情が必要です。そして自分のあるべき姿、とるべき道を真剣に考えるためには、自分の人生を大切にしたいという思いが必要です。このように、人間が人間らしく生きるためにはしっかりとした自尊感情を持っていることが不可欠なのです。
そして、これらのことを実現するために必要なものが思考力です。他者や世界や未来のありようについて思いを巡らせるためには、既知の範囲を超え、自分が知らないことについて考える必要があるからです。
つまり、お子さまを「豊かで優しい心を持った強くて芯の通った人間」に育てるためには ツーブラザーズレーシング スリップオンマフラー シルバーシリーズ M-2 08年-12年 スパイダー アルミ 005-2290406V-S HD店、お子さまの自尊感情と思考力をしっかりと育てることが必要だというのが、わたしの考えです。

自尊感情については、このページをお読みいただいている方には何も申し上げることはないでしょう。そこで、ここでは思考力とはどのようにして育つものなのかについて、わたしの考えをお話ししていきたいと思います。

 ページトップにもどる

チタン 291φ SUZUKI 《ベルリンガー BERINGER AERONALディスク R SUZUKI S16L-DIT》 ステン 《ベルリンガー

思考力とはどんな力か。

そもそも思考とは何か。一般には判断や推論、概念化といった精神活動が思考と呼ばれていますが、ここではもっと広く、何かにたどりつこうとして心を働かせることといったものとして話していきたいと思います。

ではその本質は何か。それを最もシンプルに表現するならば、何かと何かを「つなげる」ことです。AとBの似ているところや共通するところを見つけたり、何かに基づいてAはBであると述べたり、すでに得ている知識をほかのAとBに当てはめて推量したりと、あらゆる思考は、何かと何かを関係づけることによっておこなわれています。
思考力とは、何かと何かを《つなげる》力なのです。

考える力、すなわち《つなげる》力は、

、例えば「〇〇は××である」というような無数の《つながり》に触れ、それを自分のものにしていくことによって培われます。「AはBである」、「AはBになる」という《つながり》を知っているから、A'はB'である、A’はB’になると考えられるというわけです。その《つながり》というのは、私たちが何かを見聞きしたり体験したりして何かを得心するたびに、心のなかに蓄えられていきます。そうやって蓄えられた《つながり》の束が私たちの思考力の基盤となります。ですから思考力をつけようと思えば、《つながり》のストックを豊かにすればよいわけです。

 ページトップにもどるNELSON RIGG ネルソンリグ バイクカバー オートバイカバー SLINGSHOT ハーフ [4001-0183] POLARIS SLINGSHOT 15-16

子どもはもっとヒマでいい?

ならば子どもを「豊かで優しい心を持った強くて芯の通った人間」に育てるためには、できるかぎりたくさんのことを体験させ、《つながり》のストックをうんと増やしてやりたいと思うものですが、「子ども」という時間は限られています。小学校入学から高校を卒業するまでの12年間で、365日×24時間12年の105,120時間もあるわけですが 【代引不可】BELLEZZA(ベレッツァ):SelectionEX セレクションEX シートカバー (ホワイト) BEEXD749W1、そのうち学業以外に充てられる時間というのは多く見積もって週30時間、春夏冬の長期休暇10週は1日8時間使えるとすると、30時間×42週と8時間×7日×10週とで年間1820時間、それが12年分となると21,840時間になります。計算ばかりで少し面倒ですが、さらにこれを1日8時間換算で日数にすると2730日になります。年にすると約7年半。大人の場合、仕事を覚えるのに3年はかかるといいますが、そうすると7年半は仕事を「2つ半」ということになるでしょうか。実際には多くの子どもが受験期には勉強に専念して持てる時間の大半を費やすので、そこまでの時間も確保はできないでしょう。その間に様々な体験をと思うと、一つ一つが薄くなり、充実した体験をと思えばその数、種類が限られます。だから子どもに体験させることを親がどれだけ上手く選んでやったとしても、その体験から得られる《つながり》の量と質、多様さの全てに納得することは難しいのです。親が子どもにいくつかのお稽古ごとをさせ、夏はキャンプや自然体験イベントに参加させ、高校生になったら海外留学にやるというようなことは、親が選んだ数種の「体験」だけで子どもの貴重な時間を満たし、子どもが触れ得る《つながり》を制限しているということだともいえます。わたしはそのように考えています。だからアフタースクールのお稽古ごとは匙加減が肝心です。子どもを持つ親御さんはこのことをよく認識しておいてほしいと思います。

一方読書という体験は 【メーカー在庫あり】 ミドリ安全(株) ミドリ安全 静電気帯電防止作業服 男女ペアブルゾン VE73 UE L JP、子どもの有限な時間をうんと押し広げてくれます。もちろん読書にも時間は必要ですが、そのコストは実体験の比ではありません。三か月のアメリカ留学の代わりに三か月間アメリカ文学を読むというのはどうでしょうか。留学の場合、実際にそこへ行き、現地の人と交流するからこそ得られる《つながり》というのはあるでしょう。けれどもチャンドラーや、サリンジャー、カポーティ、アーヴィングの方が、教養もほどほどの高校生が自分で歩いて見て回るよりも、さまざまな角度から描き出されたアメリカをしっかりと見せてくれるとは思いませんか。つながりのストックを増やす体験としての読書には、量的な問題にとどまらない可能性があります。1冊の本というのは、無数の《つながり》が途切れることなくつなげられた強く太い《つながり》の束です。ほんの数時間や数日で読み切れる本がお子さまの心を体験で満たし 、《つながり》として蓄えられていきます。お子さまがただ習慣的に読書をするようになるだけで、大人になるまでの間に量、質、多様さ、いずれにおいても満足できるだけの《つながり》を蓄えることが可能なのです。

 ページトップにもどる

読書は自分を超え出る体験

また読書には実体験にない良さがあります。それは、読書が自分の生身の体験ではないという点です。私たちは普段、自分生来の感性や考え方を超えて何かを感じたり考えを浮かべたりすることがありません。さまざまな体験をしても、一人の人間の心に生じる変化、つまり《つながり》には、自分の性質に因る一定の方向性があります。例えばそれは、ある絵画に触れたときの反応に差があり、他者がその絵から読み取っているものを自分は読み取ることができないというようなことです。しかし読書の場合には、相応のリテラシーさえ備えていれば、私たちは著者が書き記したことば通りに像を描いていくので、平素の自分の感性や考え方では生じ得ない心の変化を、自分の心のなかに生じさせることができます。たとえ登場人物に共感できなくても、反発や嫌悪を感じたとしても、ことばを読み取ることによって自分の心に像は描かれるし、それに応じた心的変化をたどるということです。このような自分の価値観や感覚にとらわれない体験は読書だからこそできることです。読書とは自分の内側に向かうようでいて、実は自分という人間を超え出る体験です。本=物語のなかには、読書でなければ獲得できない《つながり》、読書だからこそ獲得できる《つながり》があります。だから《つながり》を増やす方法として読書は非常に有効で、また実体験では替えのきかない手段なのです。

 ページトップにもどるEKチェーン 江沼チェーン シリーズ ゴールド (90L) スクリュー 530ZVX3 HD店 【JMS】ギア 2st/4st /ベンリー用 ラゲージS 黒+マット 420x360x250【B8-B-GA-M】【2017~は要確認】

自分の中にもうひとりの自分を宿す

物語を読む経験を重ねていくことによって、日常の自分とは異なった感性や考え方の《つながり》が心のなかに蓄えられていきます。それは自分の思考の幅となります。そして、そういう《つながり》の量が一定を超えたとき、ストックされたその《つながり》は、自分の心のなかの「第三者機関」として働くようになるのです。

自分の感じ方や考え方以外のものがありうることをよく知るようになると、他の人は違った感覚を抱くかもしれない、もしかしたら自分も違った感じ方をしたかもしれないと自然に思うようになるでしょう。この「他の人は……」、「もしかしたら……」とささやきかけてくる者こそが、心の内なる《他者》です。つまり本=物語を読むという行為は、自分の心のなかに《もうひとりの自分》をつくることだといえるのです。そしてこの《もうひとりの自分》こそ、「豊かで優しい心を持った強くて芯の通った人間」となるのに欠かせない存在なのです。

 ページトップにもどる

BERINGER AERONALディスク ステン R チタン SUZUKI Wall 291φ 《ベルリンガー +40 S16L-DIT》

「書く」ということの意味

また、書くことも、思考力を培ううえで欠かすことのできない経験です。それは、思考の論理性と客観性が「書く」ことによって培われるものだからです。そして論理的 【送料無料】【ヤマハ純正】 リアキャリア【5CA-W2484-00】 マジェスティー125【5CAW248400】【YAMAHA】、客観的に思考できる力が「決断力」に関わっているからです。

私たちの行動の一つ一つは、「こうしよう」という意志と決断によって成り立っていますが、その意志とは未来を描く力によって生じるものであり、決断とは思考の確かさによって為し得るものです。決断力は、自分らしく幸せな人生を送るのに不可欠な力です。日々の暮らしのなかでの何かをするしない、言う言わないというような些細なことから人生の一大事に至るまで、そのつどそのつどの決断の集積が、自分を今の「姿」にしているのです。今、自分がこのようにあるのは、これまでの無数の決断の結果であり、あるいは必要な決断をしてこなかった結果です。そしてこの先どんな決断を積み重ねていくのかということが自分の幸不幸を分かちます。ですから、悔いなき人生を送る鍵は確かな決断力にあるといえるでしょう。

全ての親の素朴で究極の願いは子どもが幸せな人生を送ること。ならば親は子どもに、何の考えも持たずに行き当たりばったりで決めるのではなく YOKOHAMA ヨコハマ DNA エコス ECOS ES300 サマータイヤ 155/70R13 WEDS ウェッズ RIZLEY ライツレー ZM ホイールセット 4本 13インチ 13 X 4 +45 4穴 100、これはこうだからこうすべきだと確信して決める、それができる人間になってほしいと思うはずです。そのために必要なのものが論理性と客観性を伴った確かな思考力なのです。

「書く」ことは思考の論理性客観性を養ううえで他に代えがたい方法です。それは、文章というのがそれを読むことによって論理的であるか、内容に客観性があるかを判断することができるものだからです。きちんと書けるということは、何かと何かを自分でちゃんとつなげられるということ。AがBになるという《つながり》をつづろうとするときに、その帰結が正しいのかを考え、B’という《つながり》をつづろうとするときに、それがA’という《つながり》と矛盾しないかを考えること、書くという作業はその判断の繰り返し、積み重ねを伴います。だから書くことによって思考の論理性と客観性が培われるのです。これは自分で直接おこなうことや話すことのなかで簡単にできるものではありません。自分の行為の妥当性や話す内容の論理性客観性を自分自身で冷静に捉えることは、自分が書いた文章を読んでそれを判断するのに比べてうんと難しいのです。だから文章を書くというのは、論理的・客観的思考力を培うのに適った方法なのです。何かを決断すべきときに必要なのは自分の考えに自信が持てること、自分の考えに従うに足るだけの説得力があることです。書いて鍛えた思考力、確かなものとなった思考力が、人を自分の人生に必要な決断を下せる人間、芯の通った人間にするのです。

 ページトップにもどる

「豊かで優しい心を持った強くて芯の通った人間」とは

さて、みなさんがお子さまに望む「豊かで優しい心を持った強くて芯の通った人間」は、「思考力」とどのように関わるのでしょうか。これまでの話をもとに、一つ一つ確認していきましょう。

思いやりというのは、他者理解に基づく心性です。相手を的確に捉え、その人が未来に向かって希望が抱けるよう、寄り添い支援する気持ちです。相手に共感できたときだけ、感情移入したときだけの、「自分の都合」の思いやりは偶然の産物であり、お子さまにはそこに留まる人間にはなってほしくないでしょう。そこを脱するためには自分の経験や感覚にとらわれることなく、あるがままの相手を理解しうる確かな思考力を備えなければなりません。相手を孤独、孤立から守る大切な力です。さらに相手の未来の可能性を的確に描くに足るだけの《つながり》の束が必要です。それによって相手を導いたり、見守ったりすることができます。そういう力を備えた人間が思いやりある人間です。

感性が豊かであるというのは、感受性が強いということと同義ではありません。感性というのは、何かに触れたときに意味や価値を感じたり見出したりすることができる能力のことです。感性は、さまざまなものに価値や意味を見出すことができるようになることで豊かになります。また感覚は、自分が感じ取ったものを的確に捉えることによって確かなものとなりますが、そのためには自分が捉えたものを表現しようとする努力を要します。ゆえに、さまざまな価値体系を知り、その一つ一つの意味をよく理解し、自分のなかでその価値が意味づいたと表現できることを感性が豊かだというのです。

そして、だれかの役に立つためには、他者や社会を的確に捉える力と自己を相対化できる力の双方を備えていなければなりません。人の役になったつもりが実はそうではなかったというのでは不本意でしょう。誰もそうありたくはありません。他者の未来や社会の向かうべき姿を描き出し、そのために必要な事象、そこに自分が企て得る行動を考え実践できる、そういう人間でありたいものです。

また、強くて芯の通った人間というのは、自己決定に必要な決断力を備えている人間であるということ、かつ、自分の向かう先を自分で知っている人間であるということです。そうあるためにはまず、自分の判断に自信を持って従えることが必要でしょう。また自分の価値観を確立したり、自分の未来をしっかりと描けたりすることも必要です。そう、それが本当の意味で自分を持っている、自分で考え行動できるということではないでしょうか。

このようにみると、この話の始めに挙げたような人物となるためには自分を超え出る力、豊富で多様な《つながり》のストック、そして論理的で客観的な思考力が必要であることに納得していただけるでしょう。それゆえ、教育・学びの根幹は、本を読むことと文章を書くことでなければならないのです。

学歴や技能は、たとえ子どもの将来の生活を保証しても子どもの幸せを保証しはしません。体験だけをどれだけ重ねても、ただそれだけでは子どもの心は豊かになりませんし、せまられる決断の多様さにも対応できません。――運命から自分を確かに守ってくれるのは、自分自身の《つながり》のストックと《つなげる》力、

BERINGER AERONALディスク ステン R チタン SUZUKI 291φ 《ベルリンガー S16L-DIT》

、それだけである――わたしはそう考えます。

 ページトップにもどる

{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-59874