>  > ズーム スーパーダウンフォースCサス 1台分 アテンザ GG3S L3-VE H14/3~20/1 2WD 2.3L サスペンション

ズーム スーパーダウンフォースCサス 1台分 アテンザ GG3S L3-VE H14/3~20/1 2WD 2.3L サスペンション

ズーム スーパーダウンフォースCサス 1台分 アテンザ GG3S L3-VE H14/3~20/1 1995年08月~1998年08月 2WD タイプD 2.3L サスペンション

<<   作成日時 : 2008/05/07 18:15   >>【メーカー在庫あり】 (株)鶴見製作所 ツルミ 樹脂製汚物用水中ハイスピンポンプ 50HZ 50PU2.4 JP

ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 2

三年生のN君は体型が小柄だが空手をやっていたそうで筋肉マンで腕力がある。弓は16㎏を使っているが「会」が浅い 【メーカー在庫あり】 (株)マサダ製作所 マサダ 爪付ジャツキ スプリングナシ MHC-2T JP。先日の県大会で彼が「まずまずの結果でしたが、もう少し会が長ければより良い離れが出来たと思う。」と反省の報告をメールで送ってきた。

養心は「本当の早気」の人を拝見したことは無い 【送料無料】 225/40R19インチ サマータイヤ ホイール 4本セット GOODYEAR EAGLE LS EXEグッドイヤー イーグル エルエス エグゼ共豊 シュタイナー SFCエメラルドブラック×ポリッシュ×エッジミーリング。
「本当の早気」とは、会まで引き込めずに大三過ぎたあたりで離れてしまう(暴発では無い)病気で、この病気になると一生治らない不治の病だと先生から伺っている。

会までくるが、浅くて早く離してしまう人は「本当の早気」の予備症候群であって早気では無い。ただ会が深くならないだけだ。
「本当の早気」にならないために「離れ」の動作について考察する。

筋肉の働きには随意筋と不随意筋がある。
心臓や胃腸は不随意筋の働きで動いているが、骨筋は随意筋の働きで意識的に動かすことが出来る。
だが、私達人間は指先が熱いものに触れるとピックっと手を引っ込めて耳たぶへ持っていったりする。また、目の前に物影が飛び込んでくると無意識に瞼を閉じる。
これらは、いわゆる反射神経の働きで、随意筋が不随意筋と同じような動きをしたと言える。

初心のころは、八節の動作のひとつひとつを丁寧に随意筋を使った運動として動作する。
特に「離れ」は意識して離す段階である。やがて弓手を使って押し抜く意識と相まって離れが出せるようになると的に中るようになる HARRICANE:ハリケーンGROM用ナロー 5型 ハンドルSET【クロームメッキ】H023-049C。

「離れ」のタイミングを「弓手の押し」で取ることが出来るようになると的中率が上がる。

ズーム スーパーダウンフォースCサス 1台分 アテンザ GG3S L3-VE H14/3~20/1 2WD 2.3L サスペンションの激安価格出大放出


この弓手を押すタイミングの的中を繰り返していると、今までは大脳の指令で離していた随意筋は何度も同じ事を繰り返し学習してきたことによって、習慣化が反射神経での運動となって不随意で離れが出るようになり、「会」が徐々に浅くなることにおちいる。

これは本来の「自然の離れ」では無い!「片離れ(かたっぱなれ)」なのだ.から、両肩を開く意識を無限に使った力の流れのなかで離れるのを可とする 【代引不可】BELLEZZA(ベレッツァ):Axis アクシス シートカバー (ライトグレー) BEAXD725LG1。

的中だけを重視した考え方でいると、タイミングで覚えた離れは段々早くなり、やがて大三から弓手を押し始めたら離れてしまう「本当の早気」となる。(押すことで反射神経が働くキッカケとなっている)
従って、中りが出始めたころが要注意だ。

「会」~「離れ」~「残身(心)」は、大三から引分けてきた力の延長線上に存在する。
八節の「節」を動作の節(ふし)と初心のころはとらまえている人が多いい。この「節」は決して動作の区切りでは無い。動作をする力使いの流れに「節」を付けてはならない。
特に「引分け」~「会」~「離れ」~「残身(心)」は動作の運動(力使い)に「節」があってはいけない。
引分けの力は、よどみなく止まること無く、やわらかく細く長く、常に流れていなければならない。


その力の源は丹田である HKS スーパーSQV4車種別キット 71008-AD011 ダイハツ コペン LA400K KF(TURBO) 2014年06月~。丹田から脊柱を通って両肩から肘へ、左右に流れて離れたあとまで続く。手先まで到達した流れは残身でシッカリと握る力となって止まる。
残身(心)でゆっくりと息を吐く。

要は、引分けは脊柱を縦軸として両肩の力を意識的(手先の力は使わず)に使いながら、その両肩を左右に開いて行く運動が引分けである。その両肩を使う意識は「打起し」からその力を使っていることが大切である。(手先から押し引きを始めてはいけない)

「早気(はやけ)にならないために」は、
前記のように両肩の力を意識しながら、息合いにあわせた動作で詰合い(五部の詰)・伸び合って、気力を充実させることに専念することが会を深くすることになる。
(「詰合」と「伸合」を重要視するってことだ)

両肩から両肘までに流れる力は、約4秒から5秒が目安だ。それぐらいのタイムで両肩の詰合いをジュックリと行なって欲しい。
晴れの舞台では、慎重に詰め合って7~8秒になるのが望ましい。


三年生のN君は引退までの時間はあとわずかですが、悔いを残すことが無いように「会」で頑張ってください。決して手先でかんばってはいけませんよ 。丹田の力からですよ。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9

トラックバック(0件)
タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用)
タイトル
本 文

コメント(2件)
内 容 ニックネーム/日時
本文の一部を加筆修正した。

ズーム スーパーダウンフォースCサス 1台分 アテンザ GG3S L3-VE H14/3~20/1 2WD 2.3L サスペンション

。(2008.7.10)
養心
2008/07/10 07:19
では、もたれにならないためにはどうすればいいのですか?
カラス
2010/01/27 23:35

コメントする

ニックネーム
本 文
「早気(はやけ)にならないために」 養心弓道場/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ: 大  中  小  閉じる {yahoojp} {42875218.at.webry.info}

{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-72769